USBメモリ、外付けHDDとネットワークドライブをスケジュールスキャンでスキャンしたい

Q&A管理番号:1050005 更新日:2019年7月18日

対象製品 EX AntiMalware、EX AntiMalware v7
対象Ver V6,V7
  • USBメモリ、外付けHDDとネットワークドライブをスケジュールスキャンでスキャンしたい

  • v7
    EX AntiMalware v7 Managerのスケジュール設定ではドライブの選択ができないため、
    クライアント画面内スキャンより該当ドライブを選択し「詳細スキャン」を実施してください。

    v6
    EXAntimalware Managerのポリシー作成よりスキャン設定を変更してください。

    USBメモリ、外付けHDDはManager→ポリシー作成→ポリシー編集→スキャンオプション→スキャンドライブの指定で「すべてのドライブ」にチェックを入れることでスキャン対象になります。


    ※ネットワークドライブはスケジュールスキャンの対象外です。手動スキャンではドライブを指定してスキャンできます。

設定方法

v7の場合

スキャンしたいドライブにチェックを入れ、「詳細スキャン」タブをクリックしスキャンを開始します。

 

V7 詳細スキャン

 

 

v6の場合

  • EXAntimalware Managerにログインします。

    EXAntimalware ManagerURL

    アカウントIDが8桁である場合
    https://exantimalware.ahkun.jp/aksm6/

    アカウントIDが頭にc1の10桁の場合
    https://exantimalware02.ahkun.jp/aksm6/

    V6Manager

  • ポリシー作成画面を開き、該当のポリシーを変更または作成します。

     

    ポリシー作成V6

     

    ポリシーを「新規追加」するか、(Ⓐ)
    既存のポリシーを選択し「編集」をします。(➀~②)

    ポリシー選択共通

  • スキャン対象ドライブを変更します。

    ※新規追加した場合は基本設定タブにてポリシー名称を入力してください。

     

    スキャンドライブの指定から「すべてのドライブ」を選択します。

     

    すべてのドライブをスキャンV6

     

    設定の完了後、右上もしくは右下の「設定を保存」から設定を確定します。

    設定の保存

  • 設定をクライアントソフトで読み込みます。

    該当PCのEX AntiMalwareクライアントソフトをオプション内アップデート設定の「今すぐアップデート」から更新し、
    EX AntiMalwareManagerで設定したポリシーを読み込みます。

     

    アップデートv6

     

    ※30~60分毎の自動更新により手動でアップデートするより前に自動で読み込まれることがあります。

※ポリシーを新規追加した場合

手順4でクライアントPCのEX AntiMalwareのアップデートを行う前に
EX AntiMalwareManager内、
「ユーザ情報」で該当PCのポリシー適応を作成変更したポリシー名に変更し保存します。

サーバポリシー変更手順

Q&A検索キーワードで探す

カテゴリで絞り込み

製品・サービスの
テクニカルサポートについて

製品・サービスのテクニカルサポートについて

製品・サービスのテクニカルサポートについて

ご購入前のお客様の技術サポートは基本的にお受けしておりません。
製品に関する技術的なご質問や製品評価時のご質問につきましては、弊社代理店 または弊社営業
担当 までお問い合わせください。

遠隔ソフト お問い合わせ

pageTop