インストール時に自動登録エラー、機能転送エラーが発生して正常に完了しない

Q&A管理番号:1020005 更新日:2019年7月1日

対象製品 EX AntiMalware
対象Ver V6、V7
  • インストール時に自動登録エラー、機能転送エラーが発生して正常に完了しない

  • 管理者権限(Administrator)が無いユーザでインストールを行っている事が主な原因となります。

原因


自動登録エラー、機能転送エラー

原因1.管理者権限(Administrator)でないユーザでインストールされている。

原因2.コントロールされたフォルダアクセス(ランサムウェア防止)の機能が有効になっている。

対処方法1

管理者権限(Administrator)を持つユーザでログインして再インストールしてください。
※インストール後の運用は制限ユーザでも問題ありません。(アンインストールは標準ユーザでも問題ない)
変更方法:
「コントロール パネル\ユーザー アカウント\ユーザー アカウント\アカウントの管理」で確認。
アカウントの種類の変更にて「標準」「管理者」の変更実施。

 

  • 1

    管理者権限(Administrator)ユーザの確認・変更

    1-1「コントロールパネルを開く」

    [windowsキー]+[Rキー]を押下してファイル名を指定して実行
    「control」と入力してOKを左クリックしてください。

    1-2「対象ユーザの権限確認」

    [コントロール パネル\ユーザー アカウント\ユーザー アカウント\アカウントの管理]より対象ユーザを選択してください。

    1-3「権限の変更」

    [コントロール パネル\ユーザー アカウント\ユーザー アカウント\アカウントの管理\アカウントの変更\アカウントの種類の変更]
    アカウントの種類の変更画面にて管理者(Administrator)を選択して変更を行ってください。

    ※画像はWindows10 pro (バージョン1809)のものです。

対処方法2

コントロールされたフォルダアクセス(ランサムウェア防止)が有効になっていて、
EX AntiMalwareが必要なフォルダにアクセスできない状態でも機能転送エラーとなります。
※Windows10が対象になります。

  • 2

    コントロールされたフォルダアクセス設定の確認方法

    2-1「windowsセキュリティを開く」

    スタートボタンから、「設定」を開き、更新とセキュリティから「Windows Defender」を選びます。
    その後、「windows セキュリティ」を選んでください。

    2-2「コントロールされたフォルダアクセス設定」

    「ウイルスと脅威の防止」を選択し、「ランサムウェアの防止をクリックします。
    ※項目が表示されない場合は、画面をスクロールしてください。

    「ランサムウェアの防止」画面内にある「コントロールされたフォルダーアクセス」のスイッチがオンと表示されている場合は、クリックしてオフに変更します。

Q&A検索キーワードで探す

カテゴリで絞り込み

製品・サービスの
テクニカルサポートについて

製品・サービスのテクニカルサポートについて

製品・サービスのテクニカルサポートについて

ご購入前のお客様の技術サポートは基本的にお受けしておりません。
製品に関する技術的なご質問や製品評価時のご質問につきましては、弊社代理店 または弊社営業
担当 までお問い合わせください。

遠隔ソフト お問い合わせ

pageTop